鈍行列車一人旅 おさらい1

始発の鈍行列車がホームに入ってくる。爺さん

の胸が高なる。汽車に乗るのは十二年ぶりだ。

歌の会で彦根に行って以来だからな。まして鈍

行列車となれば乗った記憶がない。通勤通学の

客も市内の駅を過ぎると降りてしまい車両に

殘った客は14,5人。座席を四人掛けにして

靴を脱ぎ足を伸ばす。嫌な乗客だねぇ。

阿蘇国立公園を走る車窓の風景は山また山、

ドライブで見慣れた風景だが一味異なった新鮮な

感動も。立野駅で今来た方向へ汽車が逆走を始める。

スイッチバックだ。

小学校の修学旅行で大騒ぎした記憶がある。乗り換え

の宮地駅で3時間待ち。待合室、駅周辺、駅前

のファミレスで一時間ずつ時間を潰す。鈍行列車

は本数が少ないから待ち時間が長い。県境を過

ぎても風景は殆ど変わらない。山と畑ばかり

。観光案内をしても仕様がないから止める。

リュックサックを背負った爺さんが大分駅ホー

ムに降り立ったのは午後4時前。地方都市の駅

前風景は金太郎飴。ビジネスホテル、大型スー

パ-、銀行、生保会社のビルが建ち並び何ほど

の違いもない。爺さんコンビニ弁当を買ってか

ら一番先に目に付いたビジネスホテルにチェッ

クイン。ホテルのレンタルパソコンで念願のブ

ログ更新。案外書くことがないのよね。弁当を

食ってからトイレと並ぶ小さな湯船にシャワーを

浴び独房の隅に横たはる。テレビもアナログ

で見る気がしない。見知らぬ土地の酒場を梯子

し翌日の仕事は二日酔、それでも頑張った昔が

懐かしい。


昨夜10時前にへろへろになって戻りました。 

続編は次ぎ


今日の短歌:

真夏日の電線に鳴く烏二羽とっとと飛びな焼き鳥になるぞ

画像
     阿蘇・根子岳 頂上が噴火で吹き飛んだ
 
画像
3時間も待った駅 
    
画像
オウム真理教の本拠地にもなった
 
画像

     
画像

 
画像


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

みかん
2011年01月26日 16:24
どこへ寄りたいというより鈍行列車に乗ることが目的の旅だったんですね。
阿蘇はスイッチバック。知りませんでした。
何度かドライブでしか訪れた事がありません。
運転手が天に勝手に行ってしまったから、
次は私もJAで。
暑かったでしょ?お疲れ様。お帰りなさい。
まさやん
2011年01月26日 16:24
みかんさん
そうなんです。定年後の交通手段は
専ら車だから鉄道に憧れるのです。
実際にJRに乗ってみると関口智宏のように
恰好よくはないけど楽しかったよ。
志帆
2011年01月26日 16:24
お疲れ様でした。でも楽しかったでしょ?
大分駅前や根子岳の写真など、懐かしかったです。
それに、のんびりと言うかコセコセしてませんよね。九州はそんな風土が大らかで好きです。
楽しかったでしょうね。そんな旅がしてみたいです。
まさやん
2011年01月26日 16:24
志帆さん
JRの駅から家までバスで1時間もかかります。
不便なところに住んでいることを実感します。
鈍行旅行の要領が解りましたので再度挑戦
します。


この記事へのトラックバック